店舗内装デザイン・工事の流れ

ヒアリング

初めにどんなお店にしたいのか、ヒアリングさせていただきます。
お店のコンセプトや売り、ターゲットなどを明確にすることで、物件の立地や条件も絞られてきます。

物件がお決まりの場合は、現地にて採寸、お打ち合わせをさせていただきます。

物件探し

物件を選ぶ上で最も重要なのは立地です。
オープン後、商品、サービス等は変える事が出来ますが、立地は変える事が出来ません。

人の流れや年齢層、駅からの距離、車で来る場合は視認性や駐車スペースを確保できるか、同業店の有無等、実際に自分の目で見て選びましょう。

ご提案

ヒアリングの内容に沿ったお見積書、図面、完成をイメージしやすい3Dパースを作成いたします。

これをベースに、お打ち合わせを重ね、理想へと近づけていきます。

資金計画

融資は店舗契約後となる場合が多いので、物件取得のための保証金は自己資金での用意が必要です。
融資先の候補としては「日本政策金融公庫」や「保証協会」 が一般的です。

融資を受ける上で下記の点に注意する必要があります。

  • 額が大きくなれば保証人が必要になること
  • 申請が受理されてから融資が降りるまで2〜3週間かかること
  • 受理までを考え、早めの事業計画を作成すること

初期費用を抑えたい場合は、厨房機器や空調設備など一部の設備でリースの活用も考えられます。
弊社では各種工事でローンのご用意もございます。

ご契約・各種申請

ここまでの図面、仕様、工事のお見積り金額にご納得いただいた上で、ご契約になります。

多くの物件の場合、消防法に基づく営業許可が必要です。申請は、所轄の消防署になります。
飲食店や美容室の場合、衛生法に基づく営業許可が必要です。申請は、所轄の保健所になります。
他にも、バーなど深夜営業許可、看板などの道路占有許可、動力電源の新規の申請など
それぞれお店の作りや設備に規定があり、それが満たされていないと検査を通りません。

着工前に平面図を持参し相談しておけば安心です。

製作・施工

工事が始まると、変更はききにくくなるので、気になる部分がある場合は早めにお伝えください。

仮設工事
仮設足場、養生、仮設電源等、また墨出しや清掃等の工事
解体工事
不必要な部分の解体、撤去
下地工事
天井、壁、床の下地の製作、主に木下地、軽鉄下地があります。
造作工事
フローリング、カウンター、窓枠など基本的に木を用いた工事
建具・ガラス工事
無垢建具・フラッシュ建具・サッシなどの製作及び取付工事
家具・什器工事
テーブル、椅子、収納などの商品搬入据付工事、及び製作
メーカー品からオーダー製作まで承ります。
内装仕上げ工事
ビニルクロス、ビニルタイルなどの仕上げ工事
塗装・防水工事
木部、鉄部や床用など各所の塗装、厨房床などの防水工事
左官・タイル工事
モルタル、漆喰、珪藻土などの左官、土間打ち、タイル貼り
電気設備工事
照明、コンセントなどの配線、器具の取付工事
空調設備工事
エアコン、ロスナイの配管、器具の取付工事
換気設備工事
店内換気、厨房排気、ダクトなどの配管、器具の取付工事
防災設備工事
感知器、誘導灯、非常灯、消化器などの商品と、配線、器具の取付工事、消防検査、申請
※所轄消防署への相談後、工事内容が決定致します。
給排水・衛生設備工事
水栓器具、トイレ、手洗い器などの配管、器具の取付工事
ガス設備工事
基本的には別途、所轄ガス会社の工事なります。
都市ガスが来ていない地域などは、弊社提携のプロパンガス会社のご紹介も致しております。
厨房設備工事
シンク、冷機器、熱機器などの商品と、搬入据付工事
サイン工事
屋号看板、メニュー看板、誘導看板、LED・ネオンサインなど
雑工事
各種工事以外に必要になる、補修、小工事など
美装工事
工事完了後の室内クリーニング
諸経費・管理費
デザイン設計、現場管理、交通費など

完成・お引き渡し

工事が竣工したら、いよいよオープンまでの準備です。
できれば、工事完了からオープンまでは何日か余裕を持った方がいいでしょう。
レセプション等を行い、実際にオープンした時のシミュレーションをしましょう。
設備等の具合もチェックしておきましょう。

アフターメンテナンス

補修工事や看板の貼替えはもちろん、チラシや名刺の印刷などオープン後の様々なご要望に対応致します。

これからお客様との新しいお付き合いが始まります。

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。