洋室と和室の良いところ

前回は、民泊で喜ばれる部屋として、使いやすく清潔感があること、Wi-Fiが使えることのほか、汚れやキズがつきにくい壁や床にすること、隣人とのトラブルを防ぐために防音対策をお薦めさせていただきました。

今回は、洋室と和室それぞれの良いところや魅力についてお話させていただきたいと思います。

洋室

洋室の良さは、国を問わず誰もが使いやすい、ということではないでしょうか。
戸惑うことなくすんなりとスムーズに使えることが一番の魅力となり、国籍を問わず多くの方に利用してもらえる可能性があります。
壁紙や床もバリエーションが豊富なので、さまざまなコンセプトに合わせお部屋をつくりあげることができます。

和室

日本に来たからには、和室に泊まりたいと思う方が少なくありません。
古民家での民泊では、あえて現代住宅に近づけすぎないようにリフォームし、古民家としての良さを残しながらリフォームを行うこともあります。

そして外国の方が宿泊する場合、日本を味わうことのできる畳が人気です。

昔ながらの畳も趣があって良いと思いますが、お手入れや痛みがでた場合の交換なども手間がかかることを考えると、畳マットをおすすめします。畳マットは、よく見るい草の色でも色が濃い薄い、また白っぽいものから黒っぽいものなど様々な色があります。色の濃いものから薄いもの、最近ではホームセンターでも畳のマットのようなものが売られていて、簡単に手に入れることができます。

さらに、座布団や低いテーブル、インテリア用品は、和紙などを使ったものや壺や花瓶、壁紙や壁までも和を感じさせるものにすると、より一層「和」を強調することができます。

良いとこどり

部屋の内装を全て和室または全て洋室にするのではなく、それぞれの良いところを組み合わせて部屋を作りあげるのも良いかもしれません。例えば、フローリングに椅子とテーブル、寝室は畳にする、ダイニングに畳を敷き、低いテーブル座布団、寝室は洋室にベットを置くことで、使いやすさと日本らしさに触れることができます。

洋室に敷布団、低いテーブルや座布団でも良いですし和室にベッドでも良いと思います。
民泊リフォームにお悩みの方・お困りの方、ぜひ、お気軽にA&C株式会社へお問い合わせください。

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。