好きなものを飾り、見せる収納

ここ数年で、物をしまうのではなく、雑貨屋やアパレル関係のお店のように、壁に飾り見せる収納を自宅に取り入れる人が増えています。

有孔ボードの大きさはさまざまです。壁一面に設置することもできますし、棚の上や壁に一部だけ多くこともできます。ここでは、有孔ボードを使うことでできる「見せる・飾る収納」ができるのか、ご紹介します。

有孔ボードとは

自分がどのような間取りですみたいのか、考えやイメージを固めておくことで物件探しにかかる時間を短くすることができます。
どのような住まいや店舗にしたいのか、なかなかうまくイメージできないときは、さまざまな物件を見に行くと良いと思います。物件には家具が配置されている場合もありますので、生活導線なども参考にできます。

時間がない方は、雑誌やインターネットで検索してみてください。

リノベーションの物件の探し方

住みたい住まいや店舗のイメージが固まったら、次は物件探しです。
リノベーションできる物件は、ここ数年増えてきてはいますが、自分が描く、リノベーションできる物件を見つけるのは、簡単なことではありません。根気強く探し求めれば、これ!という物件に巡り合うかもしれません。

時間がかかることを理解した上で、まずは、自分が住みたい条件や環境、水回りの位置やそれが自由に変えられるか、など自分が住みたい家に合う物件をインターネットでしっかり確認しましょう。

近所の不動産屋を数軒まわることも有効です。物件がないか相談してみましょう。何度か通うことで信頼関係ができると良い物件が入ったときに、すぐに連絡がもらえることもあります。

中古住宅やマンションを購入しなければリノベーションできないと思われがちですが、賃貸でもリノベーションできる物件はあります。

こんなことに注意!

賃貸物件でのリノベーションについては、どこまでリノベーションを行って良いのかきちんと確認していくことが必要です。
インターネットで調べた際には、良しとされていたことも実際では☓、だったということもあります。

賃貸なので、退去するときに、貸主からクレームが入るかもしれません。トラブルを回避することにつながるので、きちんと書面で確認し合いましょう。

当社では、店舗リフォームや改装、リノベーションを多く手がけております。完成図を3Dでお見せすることも可能です。
店舗や住まいのリノベーションでお悩みや相談は、ぜひ、お気軽にA&C株式会社へお問い合わせください。

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。