ワンちゃんのためのリフォーム

犬や猫など動物を飼う人は日本でも多くいます。
以前は、外で飼育することが当たり前でしたが、今では、室内で飼うころが当たり前となっています。

ペット可のマンションでは、ペットが飼えるというだけでペットや飼い主が使いやすいものにはなっていない場合が多く、こうなれば使いやすくなるのにとモヤモヤした気持ちになることもあると思います。

ここでは、特に日本で多く飼われているワンちゃんと猫ちゃん。
この2種類にやさしい、飼い主が使いやすいお部屋についてお話したいと思います。
今回はワンちゃんについてご紹介いたします。

床について

ツルツルしたフローリングは人にとっては掃除の面などで使いやすい床ですが、犬にとって、ツルツルしたフローリングは歩きづらいため、体に負担がかかります。

カーペットをひくと体への負担は減らすことができます。あまり繊維が長いカーペットは、爪がひっかかる恐れがあるのでおすすめしません。

歩いても硬すぎず滑りづらい床材にしましょう。

床の段差はないほうが良いですが、段差や階段は、高くなくなるべくゆるやかな方がのぼりやすくなります。急な段差や階段は、登る時に脚に負担がかかりますし、降りる時には落ちて大ケガにつながることもありますので、注意しましょう。

壁について

壁は、防音、防水、防臭で汚れがつきにくいものにしましょう。
食事する場所やトイレの場所は、粗相する可能性が高いので、きちんと対策することを強くおすすめします。

体が壁にこすれたり、脚の爪が当たって引っ掻いたりしてしまうかもしれないので、最低でも一メートル以上は、対策するようにしましょう。

トイレや食事の場所を決める

人間にとっても犬にとっても食事やトイレの場所はとても重要です。

それは、衛生的な暮らしを維持するためには、食事はリビングやキッチンの近くでも良いと思いますが、トイレは、落ち着いてリラックスできるような場所が良いので、少し飼い主の目から離れた静かな場所が良いと思います。

犬の落ち着ける場所

人間でも天井が高すぎると落ち着かないことがありますが、犬も同じです。

犬種や性格があるとは思いますが、少し低くて狭いスペースを用意してあげると落ち着く場所になるかもしれません。ケージのようなかっちりとしたものでも良いですし、部屋の一部に屋根のある低めのスペースを作るのも良いと思います。

足洗い場を玄関に

散歩終わりに犬をお風呂場までつれていき、脚を洗うのは大変なこともあります。
毎日される方は、もう少し簡単にできないか、と考えるはずです。

足洗い場を、玄関につくることでだいぶ楽になります。温水がでるようにすれば、冬でも寒くありません。

 

A&Cはワンちゃんと飼い主さまがストレスなく暮らしていけるリフォームのお手伝いも可能です。
リフォームでお困りの方、ぜひ、お気軽にA&C株式会社へお問い合わせください。

 

 

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。