リノベーションとは

既成の住空間は、オールラウンドな年代・家族数に合わせられるように、どこか似通っています。
しかし、人が住まいに合わせるのではなく、住まいが人に合わせて変化するということは、自然な考えではないでしょうか。プロのデザイナーと自分のライフスタイルを確認し、具体的な暮らし方のイメージを創り上げていく、そこに一つしかできない”住まい”が誕生します。

そこで近年、リノベーションの考えが浸透してきています。
リノベーションという言葉にピンとくる方は多くないのではないでしょうか。聞いたことはあるけれどきちんとした意味はわからない、という方も多いと思います。
そこで、リノベーションとはどのようなものかということをご紹介致します。

リ(Re)がつくもの

リ(Re)がつく言葉は多いですね。聞き馴染みのあるものなら、リサイクル、リユース、リダイヤル、リセットなどがあります。
どれも、再び〜する、という意味となります。これは、元々あったものに〜をするということで、何もなかったところから〜する、という時は「リ」は使いません。
例えばリサイクルは再利用、リセットはご破算にして初めからやり直す、といったように、元々のものがあるからこその「リ」がつく言葉となるのです。

リノベーションの意味

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることです。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能です。
既存のシステムの一部を利用したり,それを創造的に破壊することによって新しいシステムを構築することです。都市開発、企業革新、事業革新、製品革新などさまざまな分野で用いられる概念です。
近年では、建築物の改造についていうことが多いです。増築、改築や建物の用途変更など、資産価値を高めるための大規模な改造を指します。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉です。どちらも住宅に手を加える点では同じですが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがあります。
リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強いのです。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれています。
工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多いのです。

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

この項に関しましては、お客様からのご質問が多かったので、下記ページにてより詳しく説明しております。
>> リフォームとリノベーションの違い

リノベーションのメリット

建物をスケルトン(丸裸)にすることで、実際に目で確認することができます。更には建物検査により、不具合が見つかった場合、改修工事の際に、補修を行うことができます。
また、物件の選択肢の豊富さがリノベーションの特徴です。限られた開発プロジェクトの中から選ぶ新築と違って、 リノベーションでは希望に叶う物件を自ら探すことができます。

将来、売却や賃貸するのを見越して、時代のニーズや地域性にあったデザイン・機能を施し、資産価値を あげることも可能ですので、住まいに付加価値をつけられます。

また、検査を実施することで、物件の安全性をPRすることも付加価値に繋がります。
ローコストなのも魅力です。個々の価格は立地や広さなどによって変わりますが、築年数別に平均すると、新築に比べてかなり割安な水準で あることがわかります。住宅の価格は数千万円にもなりますので、この差はとても大きいと言えます。
この価格メリットを活かせば、新築では手が届かなかったエリアで探したり、もっと広い物件を選んだり、 クオリティーの高いこだわりある物件にすることも可能です。

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。