リフォームとリノベーションの違い

以前は、リフォームという言葉をよく耳にしていましたが、現在は、リノベーション住宅、リノベーションマンションなどリノベーションという言葉を多く聞くようになりました。
リフォームとリノベーションは、新築のお住まいや店などに行なう工事ではなく、既存の建物に工事を施すことは同じですが、規模や内容が違います。
同じような意味と思われがちなリフォームとリノベーションの違いについてご説明します。

リフォームとは?

古くなり、傷み、老朽化した家や店などの建築物を新築と同じような状態に修繕することをリフォームといいます。
国土交通省では、リフォームを「新築時の目論みに近づくように復元すること(修繕)」と定義しています。
例としては、以下のようなものがあげられます。

・外壁の塗り直し
・壁紙の張り替え
・床や畳の張り替え
・キッチンをシステムキッチンに入れ替える
・トイレやお風呂などの水回りの設備を新しくする

リフォームについては、おこなった方もいるのではないでしょうか。
リノベーションと違い、リフォームの方が工事の規模が小さいのも特徴です。

リノベーションとは

食事、家、仕事、文化など私たちのくらしは時代の流れとともに変化していきました。
家や店は「こうでなくてはならない」という既成観念にとらわれることなく、外観、間取りなどを自由に創造できるようになり、それは主張や個性として受け入れ、認められるようになりました。
リノベーションは、お住まいや店を建て替えることなく、今や将来の生き方に合わせ、使い方や機能を変えて、性能や価値を向上させることをいいます。
例として以下のようなものがあげられます。

・リビングとキッチンの仕切りをとり、リビングダイニングする
・水回りの排水設備やエアコンなどの換気設備の移動や更新
・耐震性の補強
・和室だった部屋を洋式の部屋に一新
・古民家をカフェにする(コンバージョン)

リフォームとの違いとして、リノベーションは工事の規模が大きいことがあげられます。
コンバージョンは、まるまる一棟を別の用途に変更することをいいます。こうした使い方は徐々に増えつつあります。

新築に建て直すには、壊すところから始まるため、経済的な負担が大きくなります。しかし、リノベーションは、既存の建物の使える良い部分は残しながら、自分の生活スタイルや仕事にあわせて新たな建物に作り替えて行くことができます。

A&Cは、プランニングからデザイン、設計、施工、アフターケアまでの、全てのプロセスを活かし常に新しいご提案と最高のサービスの提供をモットーとしています。リノベーションをお考えの方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ先
https://aaci.co.jp/contact

埼玉の店舗、オフィスの内装デザインはお気軽にご相談ください。